今でこそ デジタル一眼ですが。


以前は、フィルムの一眼レフや、インスタントカメラを使っていて、昔 乗っていたFDは、デジタルデータが、あまりありません。

ツーリングで行った、九州のオートポリスサーキットや、阿蘇山の写真くらい。

普段、ドライブしたりする時は、インスタントカメラで撮る事が多かった。

今ほど、カメラにこだわりがなくて、走る事が楽しかったので。




普通の写真を、スマホのカメラで撮ったので、分かりづらいですが、ボディーカラーは、ダークブルーです。

RX-7 FD3S 1型 モンでゴブルーマイカ。 

1型限定の色で、昼間見ると、明るい部分は、ダークグリーンにも見えて、とても好きな色でした。

ディーラーで探して貰い、ワンオーナーで、距離も少ない車が見つかり、東京から陸送して貰いました。

マツダが、一時期 アンフィニだった頃で、マークも好きでした。


上の場所は、よく走りに行っていた峠の途中にある展望台で、最初は砂利で、その後舗装されて、最初にタイヤのブラックマークをつけたのは、自分です。
申し訳ない。。f^_^;



この車を手放す少し前で、ダクト付きのカーボンボンネット。




ホイールは、マツダスピードMS-01 、 タイヤはダンロップRSV、98スペックやアドバンネオバ、SタイヤのA048など。


サーキット専用タイヤ




リヤウイングは、カーボンのGTウイングを付けていました。

高速コーナーでは、リヤの安定性が増して、トラクションがよくかかり、効果がありました。



途中から、車を軽くする為、後部座席は外して、内装も剥がし、アンダーコートも剥がしました。

7点のロールケージを入れて、斜行バーにハンディカムのムービーを取り付けて、サーキットの走行会の時録画して、ラインどりや悪い所を反省したり。


フロントブレーキは、オートエグゼのベルハウジングの強化ローターに交換して、少しでもバネ下の軽量化になればと。

サスは、当時 スーパー耐久レースのメカニックサポートをしていた、川崎にあるスピードコネクション製の全長調整式の車高調を入れてました。




ショックは、アラゴスタ、 サスはスイフトで、しなやかで 良いサスキットでした。

自分の乗ってきた車の中で、一番 思い入れがあり大事にした車です。

長い記事になってしまったー(;^_^A

コメント

gtさん☆彡

お元気ですか?

ブログ更新や、あしあとでおみかけしないな~って

思っていたんで、今日あしあと頂いて安心しました~(*^_^*)

また綺麗な写真のブログ楽しみにしていますね☆彡

 しろかわもね 2013年08月07日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

ロータス エキシージ
2015 オートサロン 日曜日
2015 オートサロン 土曜日
ブログ