航空安全の日!




1985(昭和60)年、日航機123便が群馬県御巣鷹山に墜落し、520人の犠牲者を出しました。 生存者は4人でした。金属疲労による圧力隔壁破壊が原因とされています。
遺族らがつくる「8・12連絡会」が編集したメッセージ集のタイトルから「茜雲忌」とも呼ばれます。
-------------------------------------------------------



8月12日午後6時12分、日本航空123便(ボーイング式747SR-100型JA8119)が、東京・羽田空港から大阪・伊丹空港に向けて離陸した。
伊豆半島南部の東岸上空に差し掛かる直前の午後6時25分ごろ、異常事態が発生し、操縦不能になる。同56分ごろ、群馬県多野郡上野村山中に墜落した。
今日18時56分 御巣鷹山に向かい合掌します 



コメント

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

新着 昨日のお散歩そして今朝の室温!
新着 今季初めてコタツを出しました!
10円カレーの日!
みどりの窓口記念日!