HDシステムの若干の考察

先月の最新液晶テレビ導入を受け、散財が続いている

まずはプレーヤー

BDプレーヤー、DVDプレーヤー、SACD-CDプレーヤーと、単体で繋いでいたのをスマートにしようと、ユニバーサルプレーヤーを購入、一台で賄う

そして配線&リンクの連携もスマートにしようとアンプも買い替えた

HDMIケーブル一本で全てが繋がる


かなりシンプルかつピュアなシステムとなったが、肝心の画質音質クオリティーが落ちては意味が無い

かつて使っていた機材からすると、実はかなりグレード(コスト)も低い


だが、それは杞憂だった

値段に反比例し、技術革新が勝った形となった


DVDのアップスケーリング画質が、以前のプレーヤーのそれよりも遥かに凌駕していて驚いた
以前の日記には不満を書いたが、今となっては撤回せざるをえない(オーサリングの良し悪しがはっきり露呈はする)


一番の収穫は、BDの音


HDMI伝送+アンプのオートセットアップ(グライコ)のおかげで、まるでスピーカーをランクアップしたかの様な再生となった

今は、映画も音楽も鑑賞するのが楽しくて仕方ない

ちょっと前までは考えられない進歩に感嘆している

だって、旧機材に比べて新機材の価格、10分の1程度だから


一方でちょっと不安だったりもする


こうゆう趣味の世界は、労力を惜しまないところに醍醐味がある
自分が望む画質や音質に近づける努力が感動を助長するべきで、こんなにあっさりと手に入るのは何だか怖い気もする


こんなに楽なら、誰の家でも映画館以上、ライブハウス以上の環境になっているはずだ

便利の代償を、どんな形でいつ払わされるのか、怯えながら今日も映画と音楽に浸る

コメント

日付が変わってしまいましたが…
お誕生日おめでとうございます!
素敵なお誕生日になりましたか?
だんだん暑くなってきたので、ご自愛くださいね~♪

 すずき まり 2011年06月30日

不適切なコメントを通報する

最新ブログ

倫理と
コンテンツ愛の若干の考察
SACD-SHM仕様の若干の考察
HDシステムの若干の考察